<< とりあえずの結論。 春の訪れ >>

まだまだ三脚選びは続く。

d0134778_0561498.jpg


お目当てのCarmagne N6325 と Geo Carmagne E645 を実際触ることができた。
同じベルボンのカーボンφ28の三脚で、両者の価格差は1万5千円。

まずは脚を確認すると・・・やっぱりN6325はコストダウンが激しい。特に脚の取付部の
形状が全然違う。たぶんマグネシウム製なんだろうけど幅も厚さも段違い。
同じパイプ径だとしても、取付部剛性はかなり劣ることが分かった。やはり安い理由はある。

次に雲台。N6325の雲台も結構スムーズに動くんだけど、締めるときのズレが気になる。
ねじが引っ張られて構図が変わっちゃうんだねぇ。E645の標準の雲台はズレない。
つまりだ、N6325を買ったとしても雲台は不必要なもの(ゴミ)になる可能性が高い。

結論。N6325は安いだけあって、長く使える代物じゃなさそう

う~ん。困った。かといって4万5千円ばかしするGeo Carmagne N635は買えないよね。
やはり割り切って当初の計画通り・・・

マンフロット 055XB+SH-807(2万7千円 3.3kg) に KTSのPRO40追加購入し
今使用しているSLIK 340DXに装着し軽量三脚と重量三脚を使い分けるのがよさそうだ。

あーでもさ・・・GITZO・・・ってどうなんだろ・・・と、思って価格を調べると・・・

2型(φ28クラス)の3段、アルミの・・・ GT2331 が27000円(キタムラ価格)であるじゃん!
055XBと比べて・・・EVなし全高65mm低く、重量500g軽い。さらにU1/4インチが使える。
ってことは・・・雲台もSH-806が使えるから、トータル重量は2.47kgと結構軽くなる。
N6325と比べても+210gじゃないか・・・。

コストは37000円とちょっとお高いけど、KTSのPRO40をあきらめればなんとかなる。
GITZOちゃんなら何年でも使えるでしょうし。

とにかく、何度も書くようだけど実物見たいな。
[PR]
by t_butyo | 2011-03-30 00:56 | 子供スナップ
<< とりあえずの結論。 春の訪れ >>