<< シカゴ フィールドミュージアム 池が凍るのは普通 >>

パスポートの更新

d0134778_13385154.jpg


パスポートが5月で切れるのでそろそろ更新しなくちゃならない。そのために証明写真を撮るのだが近所にキタムラとかあるわけはない。会社曰くWalgreens(普通のドラッグストアね)に行けとのことなので行ってきた。なるほど、証明写真のサービスやっている。写真の規格はアメリカも日本も一緒なので問題ないのだ。

さて店で証明写真を頼んでみると、店員がおもむろにふる~いコンデジを取り出す! そして白バックのスクリーンを出して有無を言わさずいきなりの一発撮り。ライティングは店の照明のみという信じられないレベル。そして写真を取り込んで、背景をペイントみたいなソフトでテキトー白に塗りつぶしだす。

で、完成したものはというと、コンデジ特有のもやもや画像で背景との境目が汚いなんか暗い顔した写真だった。16ドル。こんな写真のパスポートを今後10年間持ち歩くことなんて出来ないぃぃ!

ということで自宅撮りを敢行。D700に50mmをセット三脚に据え付け。スピードライトやら電気スタンドを駆使してライティングを整える。うちのアパートが真っ白の壁と天井で助かった。自宅撮りなので上半身だけスーツを着て、白い紙を顔の下に持ってぱしゃり・・・と撮ること数枚。まぁまぁな感じの表情が撮れたのでフォトショップで規定のサイズに整えて切り取り線も書いて、自宅のプリンタで出力・・・が、うちの安プリンタでは色味が変。ということで再度Walgreensにデータを持参。40セントで一枚出力。さすがにプリンタと紙は良いのを使っているみたいなのでキタムラでの撮影と遜色ないものが出てきた。

まぁ手は掛かったが、自己満足度は高い。カメラ趣味な方は宅撮りおすすめです。
[PR]
by t_butyo | 2016-02-20 14:05 | アメリカ
<< シカゴ フィールドミュージアム 池が凍るのは普通 >>